【関西・京都府】末山・くつわ池自然公園キャンプ場に行ってきたレビュー!ファミリーにもソロにもオススメできる場所♪

【関西・京都府】末山・くつわ池自然公園キャンプ場に行ってきたレビュー!ファミリーにもソロにもオススメできる場所♪

今回はデイキャンプで末山・くつわ池自然公園キャンプ場に行ってきました!
サイト全体の雰囲気を見てきたのでレビューしていきたいと思います♪
低価格で人気のキャンプ場!今後、行こうと考えてる方の参考になれば嬉しいです∩^ω^∩

所在地

〒610-0255
宇治田原町大字郷之口小字末山3番地
TEL:0774-88-3895

アクセス

京都府南部に位置し、周辺には宇治市、城陽市、京田辺市があります。
また少し走れば天ヶ瀬ダムがあり、大迫力の放水を見られるチャンスも!
24号線を走れば奈良方面から、307号線を走れば滋賀・三重方面からもアクセスできます♪

車でのアクセスはもちろん、私が行った時にはツーリングで来られてた方も多くいらっしゃいました!

オススメはキャンプ場から30分程度で行けるアルペンアウトドアーズ宇治店です!時間のある方は是非寄ってみてはいかがでしょうか?

予約について

予約はありません。好きな時に行ける自由なキャンプ場です!
繁忙期には連泊される方などで満員になり、早い時間に入場規制がかかることもあります。

管理人さんの話では、泊まりのキャンパーさんの多くが8時頃から撤収準備を始め10時(チェックアウト)頃にはサイトが空いてくるという情報でした!

我が家は開園前の8時15分に到着し先頭で開園待ち、8時30分の開園時間には後ろに4台の待機車がいました!

利用時間

営業期間:通年
営業時間:8:30〜17:00 

     冬季(11月第2月曜日〜2月25日):8:30〜16:00

基本料金

料金は全体を通してリーズナブル
またデイキャンプに関してはテント料金不要でした!
(我が家の場合:大人400円×2人、普通自動車1台400円=1200円)
※大人:中学生以上
※小人:小学生のみ

詳細はこちら↓

入り口に管理人さん在中の小屋があるのでそこで料金を支払い、キャンプ場内に入場していきます。

ゴミについて

料金を支払うと領収書とともに1枚のゴミ袋をもらえます。
基本的にゴミは持ち帰りです!
各区画にゴミ廃棄場所はあります。ただし、どうしても使用する場合は遠方の方やバイクの方のみの使用にとどめましょう。
11時頃、管理人さんが回収してくれてました!

区画について

テントを張れるのは
・オートキャンプ場
・みどりの広場
・第1キャンプ場

の3ヶ所になります。我が家が今回デイキャンプしたのは第1キャンプ場なので、そこを中心にお伝えしていきます∩^ω^∩

第1キャンプ場は子連れファミリー向け

第1キャンプ場は料金ゲートを抜けて左右に分かれる道の右側をずっと直進していくと到着します。

区画は大き3段ほどからできており、それぞれ階段や坂で繋がっています。
また少し離れた駐車場に車を停めて、荷物の運搬をしなければいけないのでアウトドアキャリーがあれば安心です!

駐車場(写真のもう少し奥)までの道は車がすれ違える程度の幅で、決して広いとは言えませんが、車の出し入れが少ない時間帯であれば路肩に寄せてここから荷物の積み下ろしをされている方も多かったです!

写真手前の柵がない場所に関しては管理人の方がゴミを回収するのに車を出し入れしていたので駐車しないようにしてください。

地面は大中小の石が多く転がっており硬いので、アルミペグより鍛造ペグの方がペグダウンしやすいと感じましたので持参のペグにご注意ください!
また屋根付きの東屋もあり、もともとタープが張られている(2ヶ所)ので、そこも早い順で自由に使用できます。

第1キャンプ場はサイト内に大きくはありませんが遊具がありました。幼児から小学生くらいの子供たちまで楽しそうに遊んでいる姿が多かったです♪

また広場中央にはじゃぶじゃぶ池があり、9月現在は終了となっていましたが、夏休み期間とかは使えるのかな?確認し忘れました_(┐「ε:)_
深さは幼児でも行けるくらい浅く、広くはありませんが夏キャンプの子供には人気間違いなしですね!

(下記写真)
手前に炭捨て場、右奥に炊事場・シャワー室、中央トイレ、左奥ゴミ捨て場となっていました。
駐車場と正反対の場所にあるので、駐車場付近に設営する場合は少し距離がありますのでご注意ください!

※炊事場使用時に15cm程度のムカデを発見しました。害虫に十分注意して身の安全を確保してください!

第1キャンプ場のトイレ、男女混合です。ご注意あれ

個室トイレは洋式トイレで掃除は行き届いていました!

炊事場の奥に個室になっているシャワー室がありました。
5分200円で使用できるタイプ、汗をかく夏場には良いかもしれません!

室内は最低限の設備と広さでしたが、ちょっと汗を流すぶんには十分かなと思います。

3ヶ所あるキャンプ場それぞれに自動販売機が設置されていました!
車で走れば10分程度の場所にスーパーもありますが、帰り際ドリンクが底をついた時や、子供の急な『のど乾いた!』にも対応できてこれは意外とありがたい∩^ω^∩

炊事場は足元設置の水栓と、腰高の水栓、各4口(合計8口)ありました♪
ハイシーズンには混み合う可能性もあるので、時間帯をずらして使用すると良いですね!

遊具のすぐそばには1匹だけお猿さんがいました!
鳴くわけでもなく静かに柵の中をお散歩したり、ご飯を食べたりして過ごしてました。弱っている様子はなく元気そうで可愛かったです…♡

第1キャンプ場からハートの展望台と旧バンガロー(1〜4号棟)に行けます。

ハートの展望台までは結構な坂で所々足元も悪い場所があり、なかなかしんどいです。我が家も広場目指して歩きましたが、途中で挫折しました(笑)
途中すれ違った家族は4歳の子も頑張って登頂してたので、体力の残り具合で登れそうです。

第1キャンプ場にある旧バンガローは5人用です。
宿泊は3500円、休憩は1500円です!

緑の広場&新新バンガロー

緑の広場は料金ゲートを抜け左右の道の左手を進んで行きます。
すぐにオートキャンプ場へ入場する道がありますので、その分岐を右手に進んでいくと到着します。
広場に到着するまでの道のりはギリギリ離合できるほどの広さで、カーブも多く柵がないので注意して運転してください!

緑の広場は他のサイトに比べ狭いです。
しかし1番高い場所に位置し、遊具がないのでソロやデュオキャンプの方も多く割と静かな環境でした。車も横付けできるので便利♪
ゆっくりとキャンプを楽しみたい方には緑の広場がオススメです!

周囲を見渡しても邪魔なものは何もなく、空がとても近く感じました♪
晴れている日は星空が綺麗そう♡

新新バンガローは8人用です。
宿泊7000円、休憩2500円となっています。
目の前に焚き火スペースもあり自由に使っていただけます!

緑の広場のトイレに関しては第1キャンプ場と違い、男女で分けられており綺麗に整えられています。
キャンプ場でトイレが綺麗な場所って地味に嬉しいですよね(*´꒳`*)

オートキャンプ場

キャンプ場に来る道路からチラッと見ることができるサイトです。
ここは車で乗り込みそのまま設営できます。広いゆえ、多くのキャンパーが集まりますのでハイシーズンは場所取りが大変そうです。

また遊具(滑り台)が1つだけあります!しかし高さがあるのと、滑り台上部の待機スペースに柵はありますが、子どもが余裕で抜けれるほど幅広い柵なので小学生以上の子供でないと危険そうでした。
もし小さな子供が遊ぶ時は必ず監視下で遊び、大勢の子供が集まっていない時の使用がオススメです!

トイレも中まで確認はしていませんが、第1キャンプ場より新しく緑の広場と同様な感じかなと思います♪

新バンガロー

写真には納めていませんが、新バンガローがくつわ池の奥に3棟あります。
新新バンガロー同様、8人用です。
料金は宿泊5500円、休憩2000円となっています。
かなり奥まっているので気づかない方も多そうな気がします(笑)

付近の公共施設

冬場などゆっくり温泉に浸かりたい〜という方にオススメなのは、車で10分程度で行ける上方温泉 一休京都本館です!
岩盤浴あり、外湯ありとゆっくり入れる温泉です♪
スマートフォンで事前決済、前売り券を購入すると通常より少しお安く入場できます∩^ω^∩

公式サイト http://www.onsen19.jp/

追加の買い出しなどに便利なスーパーマーケットはフレンドマートがあります。
車で10分程度で到着できるので便利です♪

まとめ

全体的に自由度の高いキャンプ場です。
サイトに到着するまでの道路の窪みに設営されている方もいらっしゃいました!
必要な設備も整っており不便はありませんが、管理棟での販売は薪と炭のみなので忘れ物には注意してください!
今後、くつわ池キャンプ場に行かれる方の参考になれば嬉しいです♪

↓↓よろしければ過去の記事もご覧ください↓↓
\\\\٩( ‘ω’ )و ////